FC2ブログ
プロフィール

玉川孫一郎と歩む会

Author:玉川孫一郎と歩む会
---------------------
玉川孫一郎 プロフィール

●昭和21年3月8日生まれ
●一宮小学校、一宮中学校、長生高校、東北大学法学部卒
●千葉県庁勤務を経て平成20年一宮町長(現職)

●連絡先:
「玉川孫一郎と歩む会」
TEL:0475-42-2001
会長: 坂野 勝英

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

Google Map

CO2軽減チェッカー

携帯にURLを送る

孫の手通信
『みる・きく・動く』玉川孫一郎と歩む会の公式Blogです
8/3 平和市長会議
2009/08/07 [Fri]06:25
category:孫日記
平成21年8月3日月曜日

 今日は今月7日から長崎市で開催され、私も参加する平和市長会議について紹介します。

 核兵器を巡る世界の状況は、北朝鮮の核実験に見られるようにNPT(核兵器不拡散条約)体制が崩壊の危機に瀕しており、核の拡散と使用の危険性が高まっています。
 その一方で、オバマ米大統領が今年4月にプラハで行った、米国自ら「核のない世界」を追求するという歴史的な演説を契機として、核兵器廃絶に向けた国際的な機運もまたかつてないほど高まっています。

 このような状況の中、核兵器の無い平和な世界の実現を目的に世界の都市が連帯する平和市長会議が開催されます。平和市長会議は1982年に当時の広島市長の呼びかけで設立され、世界131の国と地域の2963の自治体が加盟している国際組織で、4年に1度広島と長崎で総会が開催されています。

 一宮町議会では平成7年に非核平和都市宣言をしています。宣言にもある通り、郷土一宮の限りない繁栄は日本の安全と世界の恒久平和なくしてはあり得ず、その実現には一人ひとりが平和のためにできることから始めていくことが大切だと私は考えています。それゆえに5月に平和市長会議の会長を務めている秋葉忠利広島市長から会議への参加要請を受けた時には、即座に参加を決めました。
 かけがえのない平和を守るために小さな町の首長として何ができるのか、会議への参加を通じて改めて考えてみたいと思います。

平和市長会議
http://www.mayorsforpeace.org/

asahi.com(朝日新聞社):オバマ大統領、核廃絶に向けた演説詳報 - 朝日新聞プラス
http://www.asahi.com/special/plus/TKY200904050209.html

 米国は、核兵器国として、そして核兵器を使ったことがある唯一の核兵器国として、行動する道義的責任がある。米国だけではうまくいかないが、米国は指導的役割を果たすことができる。
 今日、私は核兵器のない世界の平和と安全保障を追求するという米国の約束を、明確に、かつ確信をもって表明する。(後略)


スポンサーサイト



テーマ:千葉県長生郡一宮町 - ジャンル:地域情報

trackback(0)   comment --
8/1 一宮町納涼花火大会に5万人
2009/08/06 [Thu]06:51
category:孫日記
平成21年8月1日土曜日

 今日は一宮町納涼花火大会が開催され、あいさつをしました。

 ここのところ梅雨明けしたにもかかわらず、はっきりしない天気が続いたため、恒例の花火大会を開催できるかどうか、直前まで気が気でありませんでした。しかし当日は昼過ぎから急速に天候が回復し始め、夕方には青空も顔を出すほどで、無事花火大会を開催することができました。

 この日は東京湾アクアラインの通行料引き下げの初日ということで、川崎や東京方面からもたくさんのお客様がみえたそうで、5時過ぎには用意した駐車場は満車状態となりました。主催者発表で5万人のお客様に外房最大の花火大会を楽しんでいただきました。

 大会開催のために役場職員、警察署、交通安全協会、消防署、消防団そして地元ボランティアの方々が大勢協力してくださり、総数250人を超える警備体制を敷いて安全に万全を期しました。おかげで事故も無く無事に大会を終えることができました。大変ありがとうございました。

 今回協力していただいたボランティアのみなさんには大会開催に合わせて作成したオリジナルTシャツを配布しました。緑と海と太陽の町一宮にちなんだ素敵なデザインで、多くの方に喜んでいただけたようです。好評であれば来年の町制120周年記念グッズとして一般販売することも考えています。

テーマ:千葉県長生郡一宮町 - ジャンル:地域情報

trackback(0)   comment --
7/31 JR東日本千葉支社に東口の開設を要望
2009/08/06 [Thu]06:38
category:孫日記
平成21年7月31日金曜日

 今日は町議会の代表団と一緒にJR東日本千葉支社を訪問し、上総一ノ宮駅の東口開設を要望しました。代表団は井桁太喜一郎議長と萩原一美副議長、さらに3つの常任委員会からの中村新一郎議員、秌場博敏議員、小関国男議員の5人の方々です。

 町では当初、上総一ノ宮駅の橋上駅舎化を想定しており、平成4年に東口広場を整備しました。しかしバブル崩壊後の経済情勢の変化により、橋上駅舎化にかかる巨額の費用負担に町の財政が耐えられなくなってしまったため、事業計画は進展することなく今日に至っています。

 一方でモータリゼーションの進展により、朝夕の通勤通学の時間帯には乗降客に加えて送迎の車で一層混雑するようになり、現在の駅西口広場も手狭に感じられることが多くなりました。また線路の西側と東側をつなぐ神門踏切も元々幅員が狭い上に交通量が激しくなり、歩行者の横断に大きな支障を生じています。
 現在ではこのように年々激しくなる混雑の緩和と安全の確保のために、整備の済んでいる東口広場の有効活用の必要性が高まっています。

 そこで今回、混雑する通勤通学の時間帯に限定してJR東日本の乗車カードSuicaと定期を利用できる簡易改札口を東口に設置するよう提案したところ、JR東日本千葉支社からは本社と協議して後日正式に回答するとの返答をいただきました。

 東口開設は駅にエレベーターを設置するバリアフリー化とも密接に関連しています。両者の実現には時間がかかると思いますが、できるだけ早い実現に向けて辛抱強く取り組んでいきます。

 その後は千葉市内で開かれた千葉県就労支援事業者機構の設立祝賀会に出席しました。
 千葉県就労支援事業者機構は、事業者の立場から更生を図る人の就労を支援しようと協力雇用主の手によって設立されたものです。

 我が国はかつて世界一安全な国と言われていましたが、近年では毎日のように犯罪が多く発生し、凶悪犯罪や少年犯罪も増加しています。それゆえに罪を犯したり非行に走って刑に服した人を社会の一員として温かく迎え入れ、更生を図る取り組みは極めて重要です。

 今後組織を運営していく上で大変な御苦労があろうかと思いますが、自治体の立場からも協力していく所存ですので、安全安心な社会を作るために尽力していただきますよう、よろしくお願いいたします。

テーマ:千葉県長生郡一宮町 - ジャンル:地域情報

trackback(0)   comment --

どうもありがとう

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

メールフォーム

このBlogに関するお問合せは、こちらのメールフォームにお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文: