FC2ブログ
プロフィール

玉川孫一郎と歩む会

Author:玉川孫一郎と歩む会
---------------------
玉川孫一郎 プロフィール

●昭和21年3月8日生まれ
●一宮小学校、一宮中学校、長生高校、東北大学法学部卒
●千葉県庁勤務を経て平成20年一宮町長(現職)

●連絡先:
「玉川孫一郎と歩む会」
TEL:0475-42-2001
会長: 坂野 勝英

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

Google Map

CO2軽減チェッカー

携帯にURLを送る

孫の手通信
『みる・きく・動く』玉川孫一郎と歩む会の公式Blogです
9/14 道の駅プロジェクトチーム発足
2009/09/23 [Wed]12:23
category:孫日記
平成21年9月14日月曜日

 今日は道の駅プロジェクトチームに参加する職員に町長室で辞令を交付しました。

 道の駅設置は私の公約の一つですが、設置予定地の確保、資金計画、運営方法、商品の開発等、設置に向けて解決すべき課題が多く、具体的な進展を見せるまでは至っていません。

 そこで道の駅設置を推進するために、役場内に道の駅プロジェクトチームの設置を決定して職員を募集したところ、5名の若手職員が手を挙げてくれました。若く柔軟な考え方ができる彼らに斬新なアイデアを期待しています。

 なお8月に道の駅設置の提言書をいただいた県立一宮商業高校ビジネス研究クラブは、9月3日の千葉県高等学校生徒研究発表大会で最優秀に輝き、関東大会出場が決まりました。関東大会でのさらなる活躍をお祈りします。
スポンサーサイト



テーマ:千葉県長生郡一宮町 - ジャンル:地域情報

trackback(0)   comment --
9/1 長寿を祝う
2009/09/09 [Wed]06:15
category:孫日記
平成21年9月1日火曜日

 今日は21日の敬老の日に先立ち、町内にお住まいの長寿者を訪問してお祝いしました。
 一宮町では最高齢者にお祝い金と盾を、100歳を迎えた方にはお祝い金を贈ってお祝いしています。

 女性の最高齢者は明治40年生まれで102歳となる宮原地区の山中マサさんです。現在は長柄のケアセンターに入所されていますが、二人の娘さんとお孫さんに囲まれて笑顔で私たちを迎えてくれました。補聴器も使わずしっかりと応対され、とても100歳を超えているとは思えないほどお元気です。

お元気な山中さん

 男性の最高齢者は明治44年生まれで99歳となる7区の高原元吉さん。高原さんもとても元気です。

 6区の田中春江さんも今年100歳を迎えました。みなさんいつまでも元気にお過ごしください。

テーマ:千葉県長生郡一宮町 - ジャンル:地域情報

trackback(0)   comment --
8/26 心のバリアフリー
2009/09/08 [Tue]05:58
category:孫日記
平成21年8月26日水曜日

 今日は第6回バリアフリー協議会が開かれ、一宮小学校の河野敏夫校長と一宮中学校の小川力也校長から「心のバリアフリー」と題してお話をうかがいました。

 高齢者や障害者をはじめとして誰もが安心して歩けるまちづくりの実現には、駅や道路などといった施設の整備だけではなく、一人一人がお互いを思いやり、マナーの向上やサポートの実施に努める「心のバリアフリー」が大きな役割を果たします。目に見えない壁、つまり心のバリアを見つけ、どのようにしてそのバリアをなくしていくのか、その点についてはまだまだ難しい問題を抱えています。

 そこで一宮町の小中学校では思いやりの心を持ち、自主的に福祉活動に取り組む生徒を育成するために、お年寄りとの交流や福祉施設の訪問、さらに敬老大会のお手伝いと実にさまざまな活動を展開していることがわかりました。

 子供たちの実践に後れないように、私たち大人がしっかりお手本を示すように行動しなければならないと思いました。

テーマ:千葉県長生郡一宮町 - ジャンル:地域情報

trackback(0)   comment --
8/23 キッズサーフコンテストと松潟堰見学会
2009/09/08 [Tue]05:50
category:孫日記
平成21年8月23日日曜日

 今日は釣ヶ崎海岸で開かれたキッズサーフコンテストの開会式に出席しました。
 一宮町では住民協働のまちづくりを進めるために、町民から提案された事業を町が助成し応援する町民提案事業を今年からスタートしましたが、キッズサーフコンテストはその事業の一つです。

 子供たちにサーフィンを通じて海の素晴らしさを体感させ、自然を大切にする気持ちを育てようという趣旨の元、環境保護団体「日本の海岸環境を守る会」(芝本聖子代表)が企画して今年初めて開催した大会で、関東各地の小学1年生から中学三年生までのキッズサーファーとその家族のみなさんが大勢集まりました。

 大会では子供とはとても思えない見事な波乗りに驚き、ただ感心するばかりでした。この大会が歴史を重ねて一宮の名物となることを期待しています。

 また10時から開催された松潟堰の見学会にも出席してあいさつをしました。
 この見学会は当初6月に予定していましたが、雨のため今日まで延期されていたものです。

 見学会には事前の予想を大きく上回る200名の見学者が集まり、松潟堰に対する住民の関心の高さを示しました。夏休みということもあり、小さい子供連れの家族が目立ち、施設を作った両総農業水利事務所の職員の方に対して熱心に質問する姿も見られました。

松潟堰の見学会1
松潟堰の見学会2

 松潟堰は米を作るためには無くてはならない重要な施設です。この堰に蓄えられた水は町内の宮原、船頭給、新地地区を潤すだけでなく、さらに長生村から白子町へと流れて利用されています。

 まもなく古い堰の解体、撤去工事が始まりますが、新旧の堰を見比べるなら今がチャンスです。まだご覧になられていらっしゃらない方はぜひ足をお運びください。

テーマ:千葉県長生郡一宮町 - ジャンル:地域情報

trackback(0)   comment --
8/21 高校生から「道の駅」提案
2009/09/07 [Mon]05:32
category:孫日記
平成21年8月21日金曜日

 今日は県立一宮商業高校ビジネス研究部の14人の生徒たちの訪問を受け、東浪見の県営キャンプ場跡地に「道の駅」を設置する提言書をいただきました。

 一宮商業高校ビジネス研究部は2年前に「道の駅」についてその仕組みや県内での設置事例を調査研究し、将来への提言をまとめて県の発表大会で表彰されています。
 私は昨年、一宮の基幹産業である農業と観光を活性化するために「道の駅」の設置を公約の一つとして掲げました。このことを知って、ビジネス研究部の生徒たちがアンケートや交通量調査を行って先輩たちの研究成果をさらに発展させた提言を今回提案してくれたものです。

 提言では、一宮は地理的にも恵まれている上に多くの観光資源や特産物を有しており、観光地としてのポテンシャルは高い。また一宮に「道の駅」を設置することについて、食の安全に関心が高まる中で多くの人が賛同しており、その効果は十分期待できると評価しています。

 そして町の特産物を使ったオリジナル弁当などの具体的な商品開発の提案もありました。

 最後には一宮商業の生徒が町の一員として今後も地域の発展に貢献していこうという姿勢が大切であると結ばれていました。生徒のみなさんの、毎日通学している一宮を応援して元気な町にしたいという気持ちが伝わってきます。

 「道の駅」設置には候補予定地の確保、施設建設費の調達、販売商品の開発など解決しなければならない課題が多くありますが、高校生のみなさんからいただいた提言書は私に大きな勇気を与えてくれました。この提案を受けて「道の駅」設置をぜひ実現したいと思います。

 2日間にわたる炎天下の中の交通量調査と、多くの人々へのきめ細かい聞き取り調査を行った苦労話をうかがい、その熱心な取り組みに胸が熱くなり、言葉で言い表せないほどの感謝の気持ちで一杯になりました。本当にありがとうございます。

 9月3日に千葉市内で開かれる県高校生徒商業研究発表大会で彼らがこの内容を発表しますが、ぜひ良い成績を収めるよう期待しています。

一宮商業高校ビジネス研究部のみなさん

高校生が町長にプレゼン 「道の駅」設置機運盛り上げ 一宮|ちばとぴ ちばの耳より情報満載 千葉日報ウェブ
http://www.chibanippo.co.jp/news/chiba/local_kiji.php?i=nesp1250908227

テーマ:千葉県長生郡一宮町 - ジャンル:地域情報

trackback(0)   comment --
8/19 外国語指導助手ジェローム君と対面
2009/09/01 [Tue]06:24
category:孫日記
平成21年8月19日水曜日

 今日は外国からやってきたジェローム君を町長室に迎えました。一宮町では中学校における語学教育・国際教育を推進するために外国語指導助手(ALT)を配置しています。

 新学期から一宮中学校で英語を教えるグランドジョージ・ジェローム君はアイルランド生まれの29歳の好青年です。ジェローム君の片言の日本語と私のあやふやな英語で会話がどこまで通じたかわかりませんが、一宮には海、山、川があり、とても美しい町で大変気に入ったと喜んでいました。

 日本に来た理由を尋ねると、以前旅行会社に勤務していた折、近く結婚する予定の日本人女性と旅先のギリシアで親しくなったことがきっかけになったと話してくれました。

 またアイルランドフットボールが大好きで、一宮の子供たちにも機会があればぜひ教えたいと目を輝かせていました。

 186cmと長身で明るい性格のジェローム君はきっと子供たちの人気者になると思います。活躍を期待しています。

ALTのジェローム君

テーマ:千葉県長生郡一宮町 - ジャンル:地域情報

trackback(0)   comment --
8/14 納涼盆踊り大会
2009/09/01 [Tue]06:02
category:孫日記
平成21年8月14日金曜日

 今日は保健センター前の広場で開催された納涼盆踊り大会に出席しました。
 納涼盆踊り大会は商工会青年部と婦人部の主催により毎年開催されており、夏の恒例行事として町民に広く親しまれています。商工会青年部と婦人部の皆さんのご尽力に敬意を表します。

 昨年までは発電機を据え付けて広場を照明していましたが、今年は防災用の立派な照明設備ができたこともあり、一層盛り上がった盆踊り大会になりました。

盆踊り大会
フラダンスの披露
太鼓の演舞

 この盆踊りは盆に帰ってくる祖先の霊を慰めるために始まったとされています。明日は終戦記念日ですが、一宮町では先の大戦で270名もの方が亡くなっています。このように今日の平和な生活は多くの人々の尊い犠牲の上にあることを、私たちは忘れるわけにはいきません。一宮音頭の「本に平和な一宮」という一節を聞きながら平和の大切さを改めて思いました。

テーマ:千葉県長生郡一宮町 - ジャンル:地域情報

trackback(0)   comment --

どうもありがとう

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

メールフォーム

このBlogに関するお問合せは、こちらのメールフォームにお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文: