FC2ブログ
プロフィール

玉川孫一郎と歩む会

Author:玉川孫一郎と歩む会
---------------------
玉川孫一郎 プロフィール

●昭和21年3月8日生まれ
●一宮小学校、一宮中学校、長生高校、東北大学法学部卒
●千葉県庁勤務を経て平成20年一宮町長(現職)

●連絡先:
「玉川孫一郎と歩む会」
TEL:0475-42-2001
会長: 坂野 勝英

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

Google Map

CO2軽減チェッカー

携帯にURLを送る

孫の手通信
『みる・きく・動く』玉川孫一郎と歩む会の公式Blogです
4/19 新人職員研修
2010/05/25 [Tue]06:23
category:孫日記
平成22年4月19日月曜日

 今日は今年4月に役場に入庁した新人職員の施設視察研修に同行しました。
 町内には町が設置、運営している公共施設がたくさんあります。町内にどのような施設があるのか、施設の目的と役割、管理上の問題点などを彼らに知ってもらう上で、現場に案内するのが最も効果的であると考えて企画したものです。

 3名の新人は保育所で可愛い子供たちに囲まれて少し緊張していましたが、完成したばかりの松潟堰ではその巨大な姿に驚いていました。午後から会議の予定があったため私が同行したのは午前中だけでしたが、町が子育て施設から農業施設まで実に広範な行政サービスを行っているのをよく理解できたようです。

 今回の施設視察研修を通じて、私も改めて町にはたくさんの公共施設があるということを再認識しました。同様に町民のみなさまにも意外と知られていない公共施設に関してご理解いただけるよう、効果的な広報活動を進めていく必要があると考えています。
 町制120周年の今年、記念事業の一環として町内にある公共施設を希望者に案内、説明するツアーを企画しています。多くの方にご参加いただき、一宮町についてもっとよく知っていただけますよう、よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト



テーマ:千葉県長生郡一宮町 - ジャンル:地域情報

trackback(0)   comment --
4/10 第2回一宮の海を考える集い
2010/05/25 [Tue]06:10
category:孫日記
平成22年4月10日土曜日

 今日は中央公民館で開かれた第2回一宮の海を考える集いに出席しました。

 第1回は昨年7月に開催され、千葉県職員の方から九十九里海岸の浸食及びその対策事業についての説明をいただくと同時に、来場者からも質問と意見をいただきました。
 今回はそれに引き続き、専門家の宇多高明日本大学理工学部海洋建築工学科客員教授と清野聡子九州大学大学院工学研究院環境都市部門准教授をお招きして、海岸浸食の状況、海岸浸食対策事業、そして今後の海づくりについての説明をいただき、関心を持つ者皆で理解を深めてより良い一宮の海づくりについて共に考えていこうという趣旨の元で開催されました。

 海岸侵食研究の第一人者である二人の先生方からの説明の後は、前回の70名に倍する130名という来場者から質問と意見が続出し、白熱した意見交換が行われました。長時間にもかかわらず途中で退席した人がほとんどいなかったのは、来場者の皆さんが一宮の海岸浸食を本当に心配してその対応を真剣に考えている表れだと思います。

 3時間を超える会議の中で確認できたのは、まず現在の海岸侵食が極めて深刻な状況にあること、次に様々な利害が対立して難しい問題ではあるが、関係者が問題の本質を理解して互いに譲り合えばまだ解決の道はあるということ、そしてその実現には関係者が本音でもっと語り合う場が必要であるということです。

 今日の集いでも要望のあった神奈川県茅ヶ崎海岸をモデルとした官民の協議会「一宮の魅力ある海岸づくり会議」については、現在準備を進めています。この会議には地域住民、海岸利用者、学識者、千葉県、一宮町を構成員とする予定で、今後はこの会議を中心に意見を集約して、浸食対策を進めていきたいと考えています。

テーマ:千葉県長生郡一宮町 - ジャンル:地域情報

trackback(0)   comment --
4/8 滝口さんから生きる勇気をいただきました
2010/05/24 [Mon]07:58
category:孫日記
平成22年4月8日木曜日

 今日は、一宮町職員接遇向上委員会(中山栄子委員長)から平成21年度の活動報告書を受け取りました。
 一宮町職員接遇向上委員会は、平成20年度に役場窓口の改善を目的として各課の職員によって組織されたもので、毎年メンバーを交代して活動しています。

 昨年は初めて外部から講師を招いて職員の接遇研修を実施しました。職員のアンケートによると大変好評で、今後も定期的に受講したいという声が多数を占めています。

 最近は住民の方から「役場も変わったね」といっていただけるようになってきました。今年もまた新しいメンバーで明るく親切な役場を目指してがんばってください。

 今日はさらに御宿町から滝口仲秋さんを役場に迎えて、お話をしました。
 滝口さんは30歳半ばで脊髄腫瘍という難病に侵されて下半身完全麻痺の車椅子生活者となり、現在はNPO法人高齢者・障害者の旅をサポートする会の副理事長として活躍されています。また自らの体験を元に、著作やサイトを通じて元気のない人へ精力的にメッセージを送っています。

 滝口さんは一宮町のバリアフリー協議会の活動を高く評価され、上総一ノ宮駅でエレベーターが設置されることになったことを大変喜んでいらっしゃいました。駅員の助けを借りずに列車に乗るため、御宿町からエレベーターのある茂原駅まで自家用車でやって来るというお話を伺ってバリアフリーの必要性を改めて認識しました。

 先日も独りでアメリカのラスベガスまで車椅子で旅をされたそうですが、これからも健康に留意されて元気に活躍されることをお祈りしています。

Amazon.co.jp: 立てない・座れない・歩けなくなって…「生きる力とはなにか」: 滝口 仲秋: 本
http://www.amazon.co.jp/dp/4780703522

Amazon.co.jp: 足がだめでも手があるさ (生きる力とはなにか): 滝口 仲秋: 本
http://www.amazon.co.jp/dp/4820594761

まだ手があるさ
http://www.geocities.jp/takinaka1022/
近隣のバリアフリー施設を調査した福祉マップがまとめられています。

テーマ:千葉県長生郡一宮町 - ジャンル:地域情報

trackback(0)   comment --
4/7 小学校入学式
2010/05/24 [Mon]07:56
category:孫日記
平成22年4月7日水曜日

 今日は東浪見小学校と一宮小学校の入学式に出席しました。
 東浪見小学校に20名、一宮小学校には85名の新入生が入学しました。

 校庭に咲く満開の桜の木を背景に記念写真を撮る親子連れや、新しい服を着て緊張した顔でちょこんと椅子に座っている子供たちといった入学式の風景を見ていると、自分もあんなときがあったのだなあと遠い昔のことを思い出して微笑えんでしまいます。昨日の一宮中学校の入学式と比べると、子供の成長のスピードには驚かされます。

 入学式で配布された新入生名簿を見て、新入生の名前が昔とすっかり変わっていることに気がつきました。個性的な名前が多く、どちらかというと音の響きを重視して名前をつけているようです。時代の変化を感じました。

 保育園から小学校に上がって最も違うことは、朝の登校時は家族の方ではなく、上級生と一緒に歩いて通学することです。交通ルールを守って、事故に遭わないように注意して欲しいと思います。そしてたくさんのお友達を作って、楽しい毎日を送ってください。

テーマ:千葉県長生郡一宮町 - ジャンル:地域情報

trackback(0)   comment --
4/6 中学校入学式
2010/05/13 [Thu]06:38
category:孫日記
平成22年4月6日火曜日

 今日は一宮中学校の入学式に出席しました。

 校門周辺には満開の桜が新入生の前途を祝うかのように咲き競っていました。今から50年も前のことですが、私が一宮中学校に入学した時も校門の桜並木が満開でした。関係者のお話では、今咲いている桜の木は2代目にあたるそうです。50年後にはまた新しい桜の木が咲いているのでしょうか。

 今年の新入生は男子62名と女子46名の合計108名でした。
 新入生を代表して誓いの言葉を立派に述べたのは東浪見小学校出身の小畑大慶君でした。校風が異なる一宮小学校と東浪見小学校のそれぞれの出身者たちが一つの学び舎で交流を深めることにより、豊かな心と優れた知性、そして逞しい体を備えた人間性溢れる生徒たちが育成されることを望みます。

 長い人生の中でも中学校時代は、体も心も大きく成長する大切な時期です。将来の夢に向かって体を鍛えて勉学に打ち込んでいただきたいと思います。

テーマ:千葉県長生郡一宮町 - ジャンル:地域情報

trackback(0)   comment --
4/5 保育所入所式
2010/05/13 [Thu]06:26
category:孫日記
平成22年4月5日月曜日

 今日は満開の桜の花が咲く中で町立の3つの保育所で入所式がありました。9時から東浪見保育所、9時30分から原保育所、10時20分から一宮保育所と、それぞれの入所式に出席してお祝いのあいさつをしました。

 4月入所の児童数は東浪見保育所17名、原保育所19名、一宮保育所27名となっています。家庭の都合で5月以降に入所する子供もいるという話でした。

 保育所の入所式は入所する児童がゼロ歳児から5歳児までと幅広いので、式典で名前を呼び上げられた時に児童本人が返事すべきところを保護者が代わって返事をしたり、急にお母さんの膝の上で泣き出してしまう子もいたりして、大変にぎやかです。

 子供は町の将来を担う大事な町の宝であり、地域みんなで見守っていきたいと思います。

テーマ:千葉県長生郡一宮町 - ジャンル:地域情報

trackback(0)   comment --

どうもありがとう

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

メールフォーム

このBlogに関するお問合せは、こちらのメールフォームにお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文: