FC2ブログ
プロフィール

玉川孫一郎と歩む会

Author:玉川孫一郎と歩む会
---------------------
玉川孫一郎 プロフィール

●昭和21年3月8日生まれ
●一宮小学校、一宮中学校、長生高校、東北大学法学部卒
●千葉県庁勤務を経て平成20年一宮町長(現職)

●連絡先:
「玉川孫一郎と歩む会」
TEL:0475-42-2001
会長: 坂野 勝英

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

Google Map

CO2軽減チェッカー

携帯にURLを送る

孫の手通信
『みる・きく・動く』玉川孫一郎と歩む会の公式Blogです
2/1 新教育長町田義昭氏に辞令交付
2011/02/28 [Mon]23:49
category:孫日記
平成23年2月1日火曜日

 今日は町長室で町田義昭さんに教育長の辞令を交付しました。
 この日開かれた臨時教育委員会議で新しい教育長に選出されたことを受けてのものです。

 町田さんは千葉大学を卒業後、県立一宮商業高校教諭、県立長生高校教諭、県立長狭高校長、県教育庁学校教育部指導課長を歴任し、県立船橋高校長を最後に平成15年に退職されました。退職後も千葉県の教育を元気にする有識者会議副議長、県立学校改革推進プラン策定懇談会委員などを勤められています。

 任期は平成27年1月31日までの4年間です。町田教育長には教育現場と教育行政の豊富な経験を生かして、一宮の明日を担う人材育成に手腕を振るっていただくことを期待しています。
スポンサーサイト



テーマ:千葉県長生郡一宮町 - ジャンル:地域情報

trackback(0)   comment --
1/27 小学生子ども議会
2011/02/28 [Mon]23:48
category:孫日記
平成23年1月27日木曜日

 今日は一宮町議場において小学生子ども議会が開かれました。

 町の将来を担う子どもたちが、町の姿をしっかりと見つめて町への関心を高めるため、また快適で住みやすい町を目指して夢や希望を提言するために、町制120周年記念事業の一環として子ども議会を開催したものです。こういった子ども議会は茂原市では毎年開催されていますが、一宮町では平成7年に一度開かれて以来開催されていませんでした。

 一宮小学校と東浪見小学校の6年生16名が議席につき、26名の児童が傍聴しました。さらに本物の議会同様、一般質問の様子が庁舎内に放送され、新聞記者の取材もありました。

 小学生議員の質問は、交通安全、高齢者福祉、広域医療、環境、学校施設、町おこしと多岐にわたり、いずれも町の将来を心配し、真剣に考える内容で感動しました。答弁は私と各課の課長が行いましたが、その中で子どもたちに約束したことはすぐに実現したいと思います。

 なお、小学生子ども議会の一般質問と答弁の内容を町ホームページに掲載しました。ぜひご覧になってください。

一宮町制120周年記念小学校子ども議会の開催報告 | 一宮町役場
http://www.town.ichinomiya.chiba.jp/machizukuri/637/621/1115.html

テーマ:千葉県長生郡一宮町 - ジャンル:地域情報

trackback(0)   comment --
1/24 町議会臨時会
2011/02/28 [Mon]23:48
category:孫日記
平成23年1月24日月曜日

 今日は臨時議会が開かれました。国民宿舎一宮荘の跡地を取り壊す工事契約を議決し、選挙管理委員と補充員の選挙を行い、教育委員の任命について同意を行いました。

 町選挙管理委員会の委員については、地方自治法第182条によって、町議会で選挙を経て選出することになっています。また委員に欠員がある場合は、補充員の中からこれを補充することになっており、その場合も補充の順位を付して選出することになっています。
 選挙の結果、渡辺修正、小安正朗、近藤孝雄、三枝栄一の4氏が選挙管理委員に、斉藤孔久、森公彦、加藤俊夫、関通昭の4氏が選挙管理委員補充員に選出されました。

 教育委員会を構成する教育委員については、議会の同意を得て町長が任命することになっています。
 今回同意を得た方は町田義昭さんです。町田さんは千葉大学を卒業後、県立一宮商業高校教諭、県立長生高校教諭、県立長狭高校長、県教育庁学校教育部指導課長を歴任し、県立船橋高校長を最後に平成15年に退職されました。退職後も千葉県の教育を元気にする有識者会議副議長、県立学校改革推進プラン策定懇談会委員などを勤められています。

テーマ:千葉県長生郡一宮町 - ジャンル:地域情報

trackback(0)   comment --
1/14 補助金の見直しと事業仕分け
2011/02/28 [Mon]23:46
category:孫日記
平成23年1月14日金曜日

 今日は課長以上による政策会議を開催し、補助金の見直しと事業仕分けを行いました。

 一宮町補助金検討委員会は昨年11月18日に補助金を受けている各団体の活動内容について担当課長から説明を受けて検討を行い、12月18日に「補助金の見直しに関する答申書」を町へ提出しました。

 この答申書を受けて政策会議では、担当課長が委員会で示された意見を各団体に伝え、各団体が自主的に見直して改善を図るよう指導することになりました。さらに2年後の平成25年度から現在の補助金は全て廃止され、新たに補助金の申請を公募し、町民からなる「補助金検討委員会」が補助金の交付について審査することになります。

 新年度予算については、各課から提出された予算要望を受けて、財政部門が査定作業を行って事業の絞込みを行ってきましたが、それでもなお約7500万円の財源が不足していました。そのため政策会議で新規事業を中心に事業仕分けを行いました。

 事業仕分けは平成22年度予算案の編成作業ですでに行っており今回が2回目となります。前回の手法は政策会議の構成員である担当課長が説明を行いましたが、今回はさらに工夫をして担当グループ長が事業の内容を説明し、各課長の挙手により採決する形をとりました。限られた財源の中でどの事業を優先してどの事業をカットするのか、各課長は難しい判断を迫られたことと思います。
 また事業仕分けの回数を重ねることによって、自らが担当している事業を町全体の事業の中に位置付けて見直すことが可能になるメリットがあります。

 今回の政策会議で、約3600万円の事業を削減しましたが、今後各課からの復活要望を受けて、今月末の庁議で新年度予算案を最終的に決定します。

テーマ:千葉県長生郡一宮町 - ジャンル:地域情報

trackback(0)   comment --

どうもありがとう

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

メールフォーム

このBlogに関するお問合せは、こちらのメールフォームにお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文: