FC2ブログ
プロフィール

玉川孫一郎と歩む会

Author:玉川孫一郎と歩む会
---------------------
玉川孫一郎 プロフィール

●昭和21年3月8日生まれ
●一宮小学校、一宮中学校、長生高校、東北大学法学部卒
●千葉県庁勤務を経て平成20年一宮町長(現職)

●連絡先:
「玉川孫一郎と歩む会」
TEL:0475-42-2001
会長: 坂野 勝英

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

Google Map

CO2軽減チェッカー

携帯にURLを送る

孫の手通信
『みる・きく・動く』玉川孫一郎と歩む会の公式Blogです
10/26 里の秋を歌う
2008/10/29 [Wed]06:53
category:孫日記
平成20年10月26日日曜日

 芸術の秋ということで全国的に様々な催しが開かれていますが、一宮町でも文化同好会主催による「芸能と音楽を楽しむ会」が開かれ、会場のGSSセンターには朝早くから大勢の出場者と観客が詰め掛けました。

 出場者が愛光保育園の園児から84歳の元気なお年寄りまでと幅広ければ、演目も「崖の上のポニョ」の演奏から「川中島」の詩吟までと、実に多彩な音楽と踊りを披露してくれました。

東浪見小生徒による東浪見甚句
ふるさとばんど
板倉文化同好会長のあいさつ

 当初、来賓挨拶を終えてしばらく見てから途中で帰る予定でしたが、その面白さに最後まで楽しませていただきました。

 会場で「里の秋」を全員で合唱しましたが、誰でも知っているこの歌が隣のいすみ市(旧岬町)で作られたということ、また出征している父親の無事な帰宅を祈る歌だということは今まで知りませんでした。慣れ親しんだ房総の里山を思い浮かべながら歌う「里の秋」には今までとは異なった趣きがあり、強く心に残りました。

里の秋
作詞 斎藤信夫
作曲 海沼実

静かな静かな 里の秋
お背戸に木の実の 落ちる夜は
ああ 母さんとただ二人
栗の実 煮てます いろり端

明るい明るい 星の空
鳴き鳴き夜鴨の 渡る夜は
ああ 父さんのあの笑顔
栗の実 食べては 思い出す

さよならさよなら 椰子の島
お舟にゆられて 帰られる
ああ 父さんよ 御無事でと
今夜も 母さんと 祈ります



ボランティアの一宮中生徒に感謝の花束贈呈

 最後に、ボランティアで舞台の準備や司会進行をきびきびと務めていた一宮中学校の生徒に感謝いたします。
スポンサーサイト




テーマ:千葉県長生郡一宮町 - ジャンル:地域情報

trackback(0)   comment --

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://magoichiro.blog47.fc2.com/tb.php/108-11945548
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
どうもありがとう

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

メールフォーム

このBlogに関するお問合せは、こちらのメールフォームにお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文: