FC2ブログ
プロフィール

玉川孫一郎と歩む会

Author:玉川孫一郎と歩む会
---------------------
玉川孫一郎 プロフィール

●昭和21年3月8日生まれ
●一宮小学校、一宮中学校、長生高校、東北大学法学部卒
●千葉県庁勤務を経て平成20年一宮町長(現職)

●連絡先:
「玉川孫一郎と歩む会」
TEL:0475-42-2001
会長: 坂野 勝英

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

Google Map

CO2軽減チェッカー

携帯にURLを送る

孫の手通信
『みる・きく・動く』玉川孫一郎と歩む会の公式Blogです
12/3 東浪見保育所
2008/12/07 [Sun]22:46
category:孫日記
平成20年12月3日水曜日

 一宮、原に引き続き、今日は東浪見保育所を視察のため訪問しました。
 東浪見保育所は町内にある3つの保育所の中では最も園児が少ない保育所です。2歳までのたんぽぽ組が8人で、3歳から5歳までが2つに分かれて、もも組が17人、ゆり組が18人となっています。
 このように異なる年齢の子どもたちを一つの組で一緒に扱うことを異年齢児保育といいます。幼い時は1年違うと発達が大きく異なりトラブルも多いのではと心配して尋ねると、やはりベテランの保母さんでないと面倒を見るのが難しいことがあるそうです。それでも年長の子が年中、年少の子どもたちを手助けするように、年上の子には年下の子を思いやる心が育ち、年下の子には年上の子の振る舞いを間近に見て学ぶ機会が多くなる等、異年齢児保育にはそういった困難を上回るメリットもあるという話でした。
 最近は兄弟がいない一人っ子が多く、外遊びの減少等で異なる年齢同士の付き合いが少なくなっており、子どもたちの社会化を促す観点からも大変良い試みだと思います。

大きなイチョウの木の下で

 保育所の庭の真ん中には、黄色に染まった大きなイチョウの木がそびえていました。

 また海が近いので天気の良い日には、海岸まで歩いて行って遊ぶそうです。秋には裏山で紅葉やどんぐり拾いと、大変環境に恵まれた保育所です。
 さらに線路がすぐ近くにあるので「がったん ごっとん」と電車の走る音が聞こえてきます。鉄道の好きな子どもには毎日が楽しいものに違いありません。

 子どもたちと一緒に食べたお昼ごはんは牛蒡と人参の入ったさつま揚げとほうれんそうの胡麻和えで、本当に美味しかったです。

園児と仲良く給食
スポンサーサイト




テーマ:千葉県長生郡一宮町 - ジャンル:地域情報

trackback(0)   comment --

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://magoichiro.blog47.fc2.com/tb.php/126-c393d175
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
どうもありがとう

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

メールフォーム

このBlogに関するお問合せは、こちらのメールフォームにお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文: