FC2ブログ
プロフィール

玉川孫一郎と歩む会

Author:玉川孫一郎と歩む会
---------------------
玉川孫一郎 プロフィール

●昭和21年3月8日生まれ
●一宮小学校、一宮中学校、長生高校、東北大学法学部卒
●千葉県庁勤務を経て平成20年一宮町長(現職)

●連絡先:
「玉川孫一郎と歩む会」
TEL:0475-42-2001
会長: 坂野 勝英

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

Google Map

CO2軽減チェッカー

携帯にURLを送る

孫の手通信
『みる・きく・動く』玉川孫一郎と歩む会の公式Blogです
2/26 加納公のお墓参り
2009/03/02 [Mon]06:02
category:孫日記
平成21年2月26日木曜日

 今日は一宮藩最後の殿様、加納久宜(ひさよし)公が亡くなって90回目の命日に当たり、城山にある墓所周辺の掃除とお墓参りをしました。町の教育委員会では普段から町内の史跡の清掃を定期的に行っています。
 寒い風が吹きつけるあいにくの天気でしたが、郷土の歴史に関心を持っている町民の方々が集まり、大変きれいになりました。ありがとうございました。

加納久宜公の墓

 加納公は幕末に一宮藩主となり、版籍奉還と廃藩置県を経て鹿児島県の知事に就任しました。当時の鹿児島県は西南戦争で疲弊しており、加納公は私財まで投じて殖産興業に努め、その発展に尽くしました。その功績は今でも県民から慕われているほどです。鹿児島を去った後も日本の産業振興に貢献し、最晩年は強く請われて一宮町長に就任し、一宮でも数多くの功績を残しました。

 掃除の手を休めて城山から町を見下ろすと、きれいに区画された農地がよく見えます。この耕地整理を全国に先駆けて行ったのが加納公でした。そのため、墓所はこの農地がよく見えるようにという配慮で城山の中腹に建てられたといわれています。

墓所より海岸をのぞむ

 名町長といわれた加納公には遥かに及びませんが、私も町の発展に精一杯努力したいと思います。
スポンサーサイト




テーマ:千葉県長生郡一宮町 - ジャンル:地域情報

trackback(0)   comment --

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://magoichiro.blog47.fc2.com/tb.php/156-b149ba7c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
どうもありがとう

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

メールフォーム

このBlogに関するお問合せは、こちらのメールフォームにお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文: