FC2ブログ
プロフィール

玉川孫一郎と歩む会

Author:玉川孫一郎と歩む会
---------------------
玉川孫一郎 プロフィール

●昭和21年3月8日生まれ
●一宮小学校、一宮中学校、長生高校、東北大学法学部卒
●千葉県庁勤務を経て平成20年一宮町長(現職)

●連絡先:
「玉川孫一郎と歩む会」
TEL:0475-42-2001
会長: 坂野 勝英

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

Google Map

CO2軽減チェッカー

携帯にURLを送る

孫の手通信
『みる・きく・動く』玉川孫一郎と歩む会の公式Blogです
スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
category:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

trackback --   comment --
2/19 地方分権を阻むもの
2010/03/25 [Thu]06:48
category:孫日記
平成22年2月19日金曜日

 今日は長生村文化会館で午後6時から福嶋裕彦中央学院大学教授をお招きして「住民と連携したまちづくり」と題した職員の合同研修会を開催しました。

 地方分権が叫ばれる中、一宮町と長生村は地域力を生かして自立したまちづくりを共に目指しています。そこで職員一人ひとりの意識改革と能力向上を図るべく、地方自治の第一線で活躍している方をお招きし、全職員を対象にした合同研修会を昨年から実施しています。ちなみに、昨年は矢祭もったいない図書館の生みの親である福島県矢祭町の高信由美子教育長をお招きしました。

 本日の講師の福嶋教授は我孫子市長としての3期にわたる実績で有名ですが、昨年は政府が行った事業仕分けの仕分け人の一人としても活躍され、全国的な注目を集めました。

 ここで福嶋教授をお招きした経緯をご説明しますと、昨年11月のある土曜日に新聞で「事業仕分け人が今日八千代市で講演会」という記事をたまたま見かけ、早速電車に乗って福嶋教授の講演を聴きに行ったことに始まります。講演では市長として情報公開と住民参加を徹底的に推進されたお話をうかがいことができ、大変感動しました。講演終了後、是非うちの職員にもお話をしてもらいたいとお願いしたところ、快く承諾していただき、このような運びとなったものです。

 鳩山新政権はかつての地方分権に代えて「これからは地方のことは霞ヶ関や永田町ではなく、地方に住む住民が決めていく」と地域主権の旗を高く掲げ、ひも付き補助金の廃止、一括交付金の創設など新しい制度設計に取り組んでいます。一般に、これらの改革は国が地方に権限を分けてやることと理解されがちですが、福嶋教授はそれを否定して主権者である国民(住民)が国と自治体に権限を分けることであると改めて指摘し、私たちの旧い意識そのものの変革を求めました。

 市長在職時の具体的な実例を挙げての講演の中で最も印象に残ったのは、「法律や制度が変わってもそれだけで地方分権は進まない。国や県の判断を仰いで仕事をする中央依存の体質を変えなければいけない。地域のために何が一番いいのか、自分の頭で考え、決めたことには責任を取る覚悟が必要だ」という部分でした。確かに自分の頭で考え抜いた政策でなければ、住民と真剣に向き合って対話などできません。

 国や県の指示が無いから、前例が無いから、周りの自治体でやっていないからできないと初めからあきらめてしまう私達の意識こそ、まず変えていかなければならないと痛感しました。
スポンサーサイト

テーマ:千葉県長生郡一宮町 - ジャンル:地域情報

trackback(0)   comment --

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://magoichiro.blog47.fc2.com/tb.php/255-6b4fb9a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
どうもありがとう

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

メールフォーム

このBlogに関するお問合せは、こちらのメールフォームにお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。