FC2ブログ
プロフィール

玉川孫一郎と歩む会

Author:玉川孫一郎と歩む会
---------------------
玉川孫一郎 プロフィール

●昭和21年3月8日生まれ
●一宮小学校、一宮中学校、長生高校、東北大学法学部卒
●千葉県庁勤務を経て平成20年一宮町長(現職)

●連絡先:
「玉川孫一郎と歩む会」
TEL:0475-42-2001
会長: 坂野 勝英

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

Google Map

CO2軽減チェッカー

携帯にURLを送る

孫の手通信
『みる・きく・動く』玉川孫一郎と歩む会の公式Blogです
スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
category:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

trackback --   comment --
4/10 第2回一宮の海を考える集い
2010/05/25 [Tue]06:10
category:孫日記
平成22年4月10日土曜日

 今日は中央公民館で開かれた第2回一宮の海を考える集いに出席しました。

 第1回は昨年7月に開催され、千葉県職員の方から九十九里海岸の浸食及びその対策事業についての説明をいただくと同時に、来場者からも質問と意見をいただきました。
 今回はそれに引き続き、専門家の宇多高明日本大学理工学部海洋建築工学科客員教授と清野聡子九州大学大学院工学研究院環境都市部門准教授をお招きして、海岸浸食の状況、海岸浸食対策事業、そして今後の海づくりについての説明をいただき、関心を持つ者皆で理解を深めてより良い一宮の海づくりについて共に考えていこうという趣旨の元で開催されました。

 海岸侵食研究の第一人者である二人の先生方からの説明の後は、前回の70名に倍する130名という来場者から質問と意見が続出し、白熱した意見交換が行われました。長時間にもかかわらず途中で退席した人がほとんどいなかったのは、来場者の皆さんが一宮の海岸浸食を本当に心配してその対応を真剣に考えている表れだと思います。

 3時間を超える会議の中で確認できたのは、まず現在の海岸侵食が極めて深刻な状況にあること、次に様々な利害が対立して難しい問題ではあるが、関係者が問題の本質を理解して互いに譲り合えばまだ解決の道はあるということ、そしてその実現には関係者が本音でもっと語り合う場が必要であるということです。

 今日の集いでも要望のあった神奈川県茅ヶ崎海岸をモデルとした官民の協議会「一宮の魅力ある海岸づくり会議」については、現在準備を進めています。この会議には地域住民、海岸利用者、学識者、千葉県、一宮町を構成員とする予定で、今後はこの会議を中心に意見を集約して、浸食対策を進めていきたいと考えています。
スポンサーサイト

テーマ:千葉県長生郡一宮町 - ジャンル:地域情報

trackback(0)   comment --

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://magoichiro.blog47.fc2.com/tb.php/271-30fa8f6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
どうもありがとう

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

メールフォーム

このBlogに関するお問合せは、こちらのメールフォームにお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。