FC2ブログ
プロフィール

玉川孫一郎と歩む会

Author:玉川孫一郎と歩む会
---------------------
玉川孫一郎 プロフィール

●昭和21年3月8日生まれ
●一宮小学校、一宮中学校、長生高校、東北大学法学部卒
●千葉県庁勤務を経て平成20年一宮町長(現職)

●連絡先:
「玉川孫一郎と歩む会」
TEL:0475-42-2001
会長: 坂野 勝英

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

Google Map

CO2軽減チェッカー

携帯にURLを送る

孫の手通信
『みる・きく・動く』玉川孫一郎と歩む会の公式Blogです
スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
category:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

trackback --   comment --
2/20 一宮川河川改修事業進捗状況説明会
2011/03/04 [Fri]06:39
category:孫日記
平成23年2月20日日曜日

 今日は保健センターで開かれた一宮川河川改修事業進捗状況説明会に出席しました。

 一宮川は、平成元年と平成8年の洪水により未曾有の浸水被害が発生したことから、河川激甚災害対策特別緊急事業が採択され、千葉県により調節池の建設、川幅の拡張、堤防の嵩上げなどが行われました。その結果、現在は災害にも対応できる状態となってきました。
 しかしその一方で、工事期間があまりにも長すぎることから「いつになったら工事が全て終わるのか」あるいは「一宮橋・JR鉄橋間になぜ中州が残っているのか」といった疑問の声が役場にも寄せられていました。今回の説明会は、工事に関するこのような疑問や質問に対して工事を実際に担当している県の長生地域整備センターの職員の方々に直接答えてもらい、疑問が解消されるように町が開催したものです。

 当日は戦前、戦後と度重なる浸水被害に遭った宮原地区を中心に大勢の住民が参加し、関心の高さを裏付けました。

 説明会では以下の点が明らかになりました。

・平成8年に発生した30年に一度の大雨でも対応できる河川改修工事を行ってきた。今までに310億円の工事費を投じてきた。

・松潟堰下流の工事区間は用地未買収区間を除いて平成23年度で終了する。

・平成23年度は松潟堰・JR鉄橋間の右岸側の工事を行う。この工事によって、左岸側と同様にJR鉄橋下を歩いて行き来することが可能になる。

・中州は江戸時代からの共有地であるため、地権者が800名を越えている。地権者と連絡がつかないなど買収交渉は難航しており、強制収用も困難である。

 参加者からの質問は残されている中州に集中し、近年多発する異常気象もあり大雨による洪水被害が心配されるため、一日も早く中州を取り除くよう強い要望が出されました。

 町としても住民の不安を一日も早く解消するため、県に強制収用の準備を進めるよう申し入れることを検討しています。
スポンサーサイト

テーマ:千葉県長生郡一宮町 - ジャンル:地域情報

trackback(0)   comment --

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://magoichiro.blog47.fc2.com/tb.php/286-152c2a93
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
どうもありがとう

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

メールフォーム

このBlogに関するお問合せは、こちらのメールフォームにお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。